社会や環境への関わりの中で解決したいこともあります。

一事務所の枠では社会的な問題に対して力が足りません。

社会的に各分野のスペシャリストとつながる中で課題解決を目指していきます。

 

1:子育て世代に相応しい住まいを提供したい

2:地域性がとても大切


 

 

 

 

 

 

少子高齢化・経済低成長からエネルギー・環境とグローバルな課題が家づくりにも課せられています。

 

これからの家は地域資本の一部を担わなければいけません。

当たり前のように子供たちが引き、継ぎ永く住まえる仕組みを一事務所の枠を超えて考えていくため繋がっています。

 

NPOモクイエ 詳細⇒

 

 

 

 

 

 

 

家づくりには地域性がとても大切です。

地域の材料を使うことは輸送による環境負荷が大幅に減らせます。

 

公共施設の木質化から住まいの地域材利用まで、ときがわ町は一番首都圏に近い林業地です。

地域の材料をより使いやすくするために行政とも仕事をしています。

 

ときがわ産木材利用検討委員会外部委員

 


3:林業の現場で木材利用を考える

4:設計のプロとして社会へ関わります


 

 

 

 

 

 

NPO山のめぐみです

 

森林国日本です。自然のめぐみで生きてきた私たち。

地球温暖化も森林破壊も私たちの責任ではないでしょうか。

 

山のめぐみに恩返しをする。

そんな気持ちも大切です。

山を活かす!

山で学ぶ!

週末林業を通して間伐材の有効利用を考えています。

常時メンバー募集しています。

アーキクラフトへお問い合わせください。

 

 

     井上くん担当ブログ⇒

 

 

事務所協会は建築士法に則り、建築士事務所の健全な発展を計るとともに県民福祉の向上に寄与することを目的とした団体です。

詳細⇒

 

各地域支部に分かれいるま東支部に所属し、理事・副支部長として地域での活動を行っています。

 

いるま東支部詳細⇒

 

 


5:材料調達の工夫

 

 

 

 

 

 

 

 

林業を営むプロの方達とつながっています。

伐採体験や皮むき体験イベントなどで情報を発信するとともに

 

伐採から製材⇒現場という中間流通を省いたシステムを組み立てています。

 

彩の森とき川 森林協同組合

6:地域型住宅に関する取組み

 

 

 

 

 

 

 

 

 

森とまちをつなぐ彩の木の家ネットワークに25年度より参加しています。

埼玉県地域型住宅採択


be connected

セルフビルド・リノベーション・民家延命応援チームです。

店舗貸したい借りたい情報もお待ちしています。 Diy-Kinowa