木の住まいのつくり方  シンプルな木の家

アーキクラフトの木の家では昔から使われてきた素材を吟味して使用しています。

新製品と言われる素材にはかなり慎重です。

 

住いの素材は昔から使われてきたものがやはり安心できます、また使い方や欠点に関しても周知されていることが多く将来的な変化に関しても予想が出来ます。

工事をする職人が慣れていることも汎用性のある素材のよいところ、大切なのは昔からの素材を昔の家と同じように使うのではなく、今の住まいに適合させながら使うことだと考えています。

 

「永く使える 住継げる」を実現する

永く住継げる仕組みを考えます。

 現代の一般的な木造住宅では耐震性を容易く確保するために内壁の多くを耐力壁としています。

 

耐震性だけを考えるのであれば合理的な仕組みですが、将来の間取りの変更や暮らしの変化に建物が付いていけず、暮らしが変化すると建物は壊されてしまいます。

家は住まい手とともに育つものと考えれば暮らしに合わせて変えられなければいけません。

 

そのため許容応力度計算により耐震等級2以上を確保しながら建物の内部の壁をできるだけフリーにしていきます。

 

構造は強いだけではだめ、フレキシブルでなければ永く住み継ぐことはできないと考えています

べニアや化学物質はできるだけ使わない。

 構造用合板(べニア)やケミカル系の素材をできるだけ排除していきます。

接着剤で固められた合板は使い手にとっては便利な資材ですが、住まい手にとってよいことがあるでしょうか。

シンプルな木の家ではできるだけそのような不安素材を排除していきます。

 

シックハウスの原因になるだけでなく、土に還すこともできず産廃となります。

壁に使えば強度は容易く確保できますが、透湿通気を妨げ壁内結露の原因にもなりえます。

 

塩ビや樹脂の資材は完成した時が最高の状態で時とともに劣化していきます。

対して自然素材は時と共に古びていくと独特な味わいが出て世代を超えることが可能です。

 


関連コラムです。ご覧ください。

 

構造・耐震コラム

関連コラムです。ご覧ください。

 

★古びるということ


1 : 構造材(木材) 屋根 基礎

柱・梁・土台 埼玉の木材を使う

土台桧  120×120 

「杉と楠木は船に、桧は宮殿に、槇は棺に使いなさい」と日本書紀にあります。

 曲げ強度、圧縮とも高く尚且つ加工性がよく、食害にも強い。木肌も美しく独特な香りも好まれる方が多い、建築材としては最高の材です。

 

杉又は桧 135×135 120×120 105×105

 杉は日本で最も多く植林され、日本の風土に適した木材で、加工性もよく扱いやすい材料です。

 

杉又は桧 幅120以上

 杉においても強度に関しては大断面とすることで十な強度が得られます。室内に現しで使う場合には木目がきれいでおとなしく、シンプルな木の家にはふさわしい木材です。

関連コラムです。ご覧ください。

 

★ 集成材の強度は無垢材より強いか

外部 屋根

ガルバリウム鋼板

 軽量であることと、耐久性があること、また、すっきりとした納まりでシンプルな木の家にはよく合います。

屋根が軽量であることは地震に対して有利になり、構造的に楽になります。

 

陶器瓦

 ガルバリウムに比べれば重くなりますが、平瓦の軽量瓦を使用し、耐風性能が高い改良された瓦をお勧めしています。

 

 

関連資料:防災瓦

連建物:いろはの家

関連コラムです。ご覧ください。

 

 屋根について思うこと1・2

基礎

構造計算による基礎

 コンクリート強度は30knスランプ15の指定で、基礎自体の耐久性は100年を基準としています。

 

 コンクリートと一体となり強度を保つ鉄筋は応力に応じた本数、太さとし、許容応力度計算により設定します。

鉄筋間隔や太さ、補強状況などは必ず自主検査を行うとともに履歴として残します。

 基礎の設定に当たっては地盤状況の検討から始まり、建物重量を算出し、地震荷重に関して安全な形態を設定します。

 

 

 

関連コラムです。ご覧ください。

 

★耐震・構造コラム


2 : 外壁 床 壁 天井 断熱材

外壁

ガルバリウムサイディング

 メンテナンス性がよくデザイン的に使います。

リシン吹付などと張り分けることで建物の印象が変わります。

張り分ける場合の考え方としては、2階部分をメンテナンス性がよいガルバリウムとすることを基本としています。

 

モルタルリシン吹付け

 スタンダードな外壁仕上げ材です。

主に柚肌調で艶のない仕上げとすることで、シンプルな木の家にはよく合います。

 

ユニプラル

 モルタルリシンと仕上げ方は似ていますが、吹付では無く、岩石由来の無機素材をそのまま塗り仕上げます。

ユニプラルゲーテハウス

関連コラムです。ご覧ください。

 

埼玉に暮らす。2

内装 床 壁 天井

床:杉・桧

 杉の30mm無垢板を使う場合が多いです。床暖房などの時には桧を使います。

針葉樹の床板は素肌に優しく暖かくサラッとしています。直に床に座る生活では最高の床素材です。

 

壁:漆喰

 漆喰の特徴としては、静電気を帯びにくく家電製品の裏などでも埃を寄せ付けません。

強アルカリ性であり、ウイルスやカビに対しても強く、漆喰自体が黴ることはもありません。

参考:土佐漆喰

 

壁天井:和紙

 和紙は壁天井に使います。

和紙は吸湿性が高く室内の湿気を吸い込み、壁内を通して外部に排出してくれます。

和紙もVクロスと違い静電気を帯びにくくカビにも強い素材です。

関連コラムです。ご覧ください。

 

自然素材の優先順位

 

 

断熱材

ウッドファイバー

 ウッドファイバーは北海道で生産される間伐材利用の木繊維断熱材です。

自然素材系断熱材で国産製品はウッドファイバ―以外では杉川皮原料のフォレストボードがあります。

 

ウール断熱

輸入材にはなりますが、自然素材系断熱材の代表格

壁内結露を起こしにくい素材で、木部との相性が良い素材です。

 

セルロスファイバー

新聞紙のリサイクルです。

紙が原料なので木と相性の良い素材です。

 

 参考:エコール

関連コラムです。ご覧ください。

 

自然素材系断熱材

 

ウールとセルロース断熱


3 : キッチン等 地盤調査 長期優良住宅

木でつくるシンプルキッチンや洗面など

シンプルキッチン

 キッチンや洗面化粧台は現場でつくるオーダーか、メーカーのシステムキッチンを採用しています。

 

 オーダーにしろシステムにしろキッチンに何を使うかよりも動線やプランニングが大切です。

毎日誰かが立つ場所です、できるだ楽しく立てるそんなキッチンを目指しています。

 

 

関連コラムです。ご覧ください。

 

★木でつくるシンプルキッチン  ★シンプル洗面

地盤調査と判定

 地盤調査は専門の調査会社に依頼しますが 調査結果をそのまま使うのでは無く、セカンドオピニオンにて再判定をしています。

 

 数十万から100万単位の工事です。十分な安全は必要ですが過剰な設定は避けたいところです。

 

 

 

関連コラムです。ご覧ください。

 

★ 地盤と基礎と保障と

長期優良住宅など

長期優良住宅  低炭素認定住宅  性能評価住宅

基本的には長期優良住宅をベースとして設計を行います。

耐震等級2  :地震に強く倒壊しにくい家です。基準法レベル1.25倍

劣化等級3  :(耐久性能)数世代にわたり構造躯体が使用できること。

省エネ等級4 :次世代省エネに適合すること

維持管理等級3:設備の更新からメンテナンス性能

 

関連コラムです。ご覧ください。

 

★ 構造・耐震コラム


たとえば接着剤

ニカワ

 素肌に近い部分特に直接寝転ぶ木の床には膠などの接着剤をできるだけ使うようにしています。

 

 

関連コラムです。

★自然素材系接着剤

たとえば白蟻対策

柿渋

土台には柿渋

耐久性の高い樹種である桧を使い、土台下の通気を確保、壁内に湿気がたまらない工夫でシロアリを呼び込まない事が大切です。

たとえば天井

和紙

和紙張りをお勧めしています。

シンプルな木の家にはビニールクロスは合いません。

 

 

関連 イベント報告

★紙漉きワークショップ

たとえば床ワックス

キヌカ

なにも塗らないすっぴんか、塗るとすれば安全なもの

床に寝転ぶ生活に輸入自然塗料は不安があります。

 


「シンプルな木の家」コンセプト住宅のご案内はこちらです。


トップページに戻る。

 

事例集&資料お送りいたします。

 

 

フォームよりお問い合わせください。

 

 

be connected

セルフビルド・リノベーション・民家延命応援チームです。

店舗貸したい借りたい情報もお待ちしています。 Diy-Kinowa