建具いろいろ

木製 ドア・引き戸・建具いろいろ  

 今では当たり前のように使われるドアも近代以前の日本の住まいに使われることはありませんでした。

 

 門などには大きな両開きの開き戸がしつらえられましたが住まいの中までドアは入ってきませんでした。

ドアが普及しだしたのは居留地の洋館からと言われ、日本人の住まいに使われだしたのは主に明治以降、庶民の住まいに使われ出したのはつい最近、大正から昭和に入ってからです。

 

 ドアと同じころ普及してきたものがもう一つ

ガラスです。

今では当たり前のように使われるガラスもドアと同じ居留地の洋館から始まりました。

木と紙でつくられてきた日本の住まいに比べればドアにガラスは輝くように見えたことでしょう。

 

 その後ガラスは住まいに普及する前に、役所や学校に使われ、その後旅館や料亭に取り入れられるようになり大正に入り国産のガラス製法が確立されるに従い、値段も下がり住まいの中にお目見えするようになりました。

 

 ガラスの普及は目覚ましく、昭和に入る頃にはガラス戸と言われ、障子紙をガラスに換えた建具が現れました。

この風情のあるガラス障子は日本独特の建具なのです。

しかし近年の住まいにおいては防水や気密、隙間風の問題などからアルミサッシにその場を奪われ、住まいの中から消えようとしています。

 

 木とガラス、障子、和紙でつくる建具は似たり寄ったりになってしまいますがその中でも少しだけでも住む人に合わせた個性を表せたらいいなと考えています。

 

木製玄関建具

木製框戸

 

杉でつくった框戸です。框戸とは無垢の枠材でつくり高い技が必要で大量生産はできません。

 ガラスは防犯ガラスのペアとして空気層12mm

 

2シリンダー錠。

 取っ手も杉で柔らかい感触です。

木製網戸の引き込み戸

 

左の写真のドアの内側です。壁の両側に引き込みます。

簡単なロックを付けました。

 

ドアと同じ杉の框戸です。

 

ドアにも網戸はいいですよ。

風の通り道として玄関を考えたいときがあります。

 

鍵も掛けられるようにしておけば開けやすくなります。


木製框戸

 

杉の框戸で引き戸としています。

下のレールは御影石に真鍮レールという昔からのスタイル。

 

取っ手は長い桧の丸棒です。

ガラスは防犯ペアガラス。

2シリンダーロック

木製框戸引違い 杉

 

防犯ペアガラス

 

沢山明かりが入るようにガラス面は大きくしました。

 

長い取っ手は子どもから大人まで持ちやすいです。

木製板戸

 

桧の板戸です。

オスモカラー仕上げ

 

ステンレスハンドル

2シリンダー

 

長期優良気密等級

断熱等級クリアー


木製框戸

 

米ヒバ

オスモカラーにより保護着色しています。

 ペアガラス空気層12mm

 

ステンレスハンドル

2シリンダー

3点ロックで気密性確保しています。

長期優良気密等級

断熱等級クリアー

木製板戸

 

桧の板戸です。

オスモカラー仕上げ

 

ステンレスハンドル

2シリンダー

 

長期優良気密等級

断熱等級クリアー

木製板戸

 

桧の板戸です。 

オスモカラー仕上げ

 

ステンレスハンドル 2シリンダー

 

長期優良気密等級 

断熱等級クリアー


木製 内部建具 

 

ハンガーレールの引違

 

杉框に杉板戸

 

玄関収納

一本引戸

 

杉框 スリットガラス

 

ホール~リビング

一本引戸 ランマ付

 

杉フラッシュ戸ガラス入り

 

ホール~リビング


開き戸

 

杉框に杉板戸

 

玄関収納

幅の広い一本引戸

 

杉框に杉板

 

あえて癖のある板で遊ぶ


be connected

セルフビルド・リノベーション・民家延命応援チームです。

店舗貸したい借りたい情報もお待ちしています。 Diy-Kinowa