暮らしのコラム  

無垢板リビング
無垢板リビング

簡素な普通の家とは

家は工事が終わり引き渡された時が完成ではなく、家族と共に長い一生をかけて住まい手が育てていくものだと考えています。

無理に飾ることなく、簡素でシンプルな普通の家がよいと考えています。

しかし簡素な普通の家というのは案外難しいものです。

 

 住まい手側では暮らしの価値観を見極め子育ての方針を考えるなかで「だからこういう家でいいのだ」という整理が必要です。

また私たちつくり手側では暮らしにあった住まいを提供できるよう素材を吟味し、情報に接し、環境を考え、地域に貢献することも考えなければなりません。

 

 今家づくりは環境から切り離して考えることはできません。自然エネルギーを上手に取り入れエアコンのいらない家を埼玉で、とまでは言えませんができる限り省エネに努めることも必要です。

 

そのような過程で少し昔にもどった家づくりも必要に感じています。住まいと暮らしに関しては衣・食も含め気候風土に適した昔からの知恵や工夫も見直してみるべきだと考えています。

 

 大切なのは昔を顧みながらも今の技術でつくる。ということなのではないかと考えています。

暮らしのコラムでは暮らし方から住まいのあり方までコラムで紹介しています。

 

 キーワードは地域材を使ったシンプルな暮らしです。

 


暮らしのコラムなど住いに関わる情報を発信しています。ご登録お待ちしています。


7: 防犯コラム

 01 侵入されやすい家とは

 

 02 侵入しにくい家とは

 

 03 外構で考える

 

 04 セキュリティーサービス

 

 05 防犯カメラを考える

 

 06 基本に帰って鍵を再考

 

 07 近所づきあいで防犯


3:快適な間取りの コラム

 このコラムをご覧の方の多くは、マイホームを考えていたり、まさに計画中の方が多いのだと思います。

夢の実現は目の前にあります。

そこでそんな皆さんに提案があります。

 

  住いの設計とは設計者や工務店の方が行う専業ではありません。住まい方地震が積極的に設計に参加して要望の数々を伝えてください。

その要望や希望が設計のスタートであり、暮らしやすい住まいの実現には欠かせないことなのです。

 

 住いの計画では必ず優先順位で選択しなければならないことがあります。

出来ることならすべての要望を盛り込みたいところでしょうが予算や時間やもろもろの制約の中で自由にいかない場面が必ず現れます。

そんな場面で生きてくるのがこのようなコラムを読んだりすることによって頭の片隅に残る予備知識なのです。

 

 まったく準備の無い、知識のないことを選択することはできませんね。

選択の場面では必ず知識と価値観が試されます。

専門的なことは設計者施工者に任せるにしろ大きな流れは掴んでおかなければ家づくりの方向性がぶれてしまします。

 

 皆さんの判断基準の参考にこの暮らしのコラムが役に立てばうれしく思います。


7:子供の領分

  1: ダイニングが子供部屋

  2: 子供部屋は3畳から

  3: 顔を合わせること

8:寝室 

   1:寝室はベッドから考える

  


be connected

セルフビルド・リノベーション・民家延命応援チームです。

店舗貸したい借りたい情報もお待ちしています。 Diy-Kinowa