6:住まいの防犯対策 

01 侵入されやすい家

侵入されやすい家とは

 

泥棒に入るとするとどこを狙いましょう。

侵入犯になったつもりで考えてみると危険な場所が見えてきます。

 

道路に面した大きな開口部からは入りにくいですね。隣地との境の塀と建物の間は周囲から見えにくく、身を隠すには好都合です。そんなところに入りやすい窓があれば狙われます。

 

また、板状のガラスがスリットになっている「ルーバーサッシ」は要注意です。面格子が無ければ外からガラスが外せてしまいます。

 

以外に侵入されやすいのは2階のベランダです。バルコニーの屋根から入り、バルコニーの手すり壁に身を隠し侵入するようです。

侵入犯は「侵入しやすい家」を狙います。そのため何度も狙われる家が出てくるのです。

ちょっとした配慮から侵入しにくくすることはできます。

間取りプランがほぼ固まった段階で設計者と話し合っておくことが大切です。


 

 

 

バルコニーからの侵入は意外に多いというデータがあります。

 

 以外に侵入されやすいのは2階のベランダです。バルコニーの屋根から入り、バルコニーの手すり壁に身を隠し侵入するようです。

 

 バルコニーの近くに登りやすい塀やカーポートがある場合は、手すり壁を透過性のある造りにしておくことをお勧めしています。

風も通るし、広くも感じますので一石二鳥です。

 

侵入犯は「侵入しやすい家」を狙います。そのため何度も狙われる家が出てくるのです。

 

ちょっとした配慮から侵入しにくくすることはできます。

間取りプランがほぼ固まった段階で設計者と話し合っておくことが大切です。


be connected

セルフビルド・リノベーション・民家延命応援チームです。

店舗貸したい借りたい情報もお待ちしています。 Diy-Kinowa