毛呂山町 本郷の家

60歳からの住まいづくりの記録 2021.07

埼玉県西部比企郡毛呂山町 

 鎌北湖から流れる川がすぐ目の前の土地を求めました。

都内からの移住です。

庭で畑をやりながらのんびりと暮らしたいという60歳からの家づくりです。

 

2人暮らしにちょうどいい20坪程度の平屋になります。

できるだけ自然な素材を使い、開放的でエネルギー消費が少ない住まい、尚且つシンプルにそんなご希望です。

 

朝から夜への時間の移り変わりや季節の移り変わりが肌で感じられるような住まいにしたいと思います。

 

既存住宅地で古屋があります。

解体しての土地の引き渡しとなります。

 

60歳からの住まい

郊外ならば平屋が良い

平屋の良いところは移動が楽、移動とは家事であり、介護であり、避難であること。

自分で手の届く範囲が多いのでDIYがしやすい。

メンテナンスコストが低い

必然的に地震や風に強い

 

平屋に限ることではありませんが、60歳からの住まいで気を付けるのは、廊下を作らない。基本移動は部屋から部屋へ

狭い廊下は万が一、車いすなどになったとするととても不便

トイレは洗面浴室と銅市空間又は隣接としておくのが良い。

可能な限り引き戸で仕切る、引き戸は簡単に取り外せて介護の時などは外してしまうととても楽。

駐車場や道路から直接入れる入り口が玄関以外に一つ欲しい、できればリビングなどの大きな開口から出入りできると何かの時にとても助かる。

 


2021.0722 2回目の勉強会

住まいを計画するこの機会に素材のことや住まいに使われる部品なども勉強してみるものいいと思います。

 

地域の素材を学びましょう。

木材:気を育てる文化や乾燥の方法など学びました。

製材:丸太から柱を製材する過程を見学しました。

和紙:原料から漉き方など勉強しました。

建具:建具に使われる木や作り方なド勉強しました。

太陽光パネル:省エネで暮らす手法や将来的な住まいのエネルギーのあり方など勉強しました。

まだまだありますが、2日に分けて勉の勉強会でした。

ガイド役の私も改めて勉強になりました。

 


be connected

セルフビルド・リノベーション・民家延命応援チームです。

店舗貸したい借りたい情報もお待ちしています。 Diy-Kinowa