内装を皮膚感覚で考えてみる

 

皮膚と内装

 

 

 建物は人を外部環境から守るいうなれば皮膚のようなもの、衣類が同じ目的で第二の皮膚であれば住まいは第三の皮膚ともいえると思います。

 

 

 体の皮膚と第二の皮膚の衣類には一つの共通項があります。

 

それは熱、空気、湿気、を通すこと、皮膚呼吸といわれる性質です。

吸湿放湿しないビニール素材では体からの水蒸気が排出されず、不快になります、雨の日のカッパがいい例です。

 住まいを構成する建材にもこのようは性質が必ず必要なのです

人から出る水蒸気や調理水蒸気などは必然的に壁や天井の上に入り、自然に外部に排出される必要があります。

 

 近年主流の考え方では壁内での結露を警戒し、湿気は壁や天井の中には入れない作り方が主流で、室内に近い部分でバリアーを貼ります。バリアーとはポリエチレンシートで覆うと言うこと、カッパと同じでビニールにくるまれた作りです。

壁内結露を起こすよりは確かにいいかもしれませんが、そもそも壁の中に入った湿気が結露を起こすことなく室外に排出されればいいわけでそのための工夫がされていないのです。

 

 

 


 例えば昔ながらの素材である、木、土、紙、羊毛などは人の皮膚と同じように熱や湿気を通します。対して工業化された素材である鉄や、アルミ、ガラス、合成樹脂などの素材はそのような性質はありません。

 

 

 どうも快適に暮らせる住まいの素材の選び方の基本は「皮膚的なもの」というキーワードにありそうです。

 

 もちろん外部環境からの防御という意味では水を通すことの無い屋根やガラスなど部分的に必要になりますが大きく見れば空気を通し、湿気を通し、ほど良く熱を伝えるものが住まいに相応しい素材ということになると考えています。

 

 素材の由来は植物と土、動物質の羊毛などがよさそうです。

ケミカル系の素材に比べ、加工製造に必要になるエネルギーも小さく、人の手だけで内装に使える素材にできるものもあります。

 

 しかもこれらは小さなエネルギーで再生できたり、再利用できたりしてゴミにならないのです。

また土に還すこともできます。

新陳代謝する素材というのもまた皮膚感覚に近いですね。

 合成樹脂や鉱物質素材を否定することではなく、必要な部分には最低限使いながら皮膚感覚での素材選びをしてみるのもまた楽しいのではないかと考えています。

 

 


be connected

セルフビルド・リノベーション・民家延命応援チームです。

店舗貸したい借りたい情報もお待ちしています。 Diy-Kinowa