構造計算とは!

アーキクラフトでは、設計監理を委託された建物では全て許容応力度計算を行い、耐震等級2等級(建築基準法の1.25倍)をスタンダードとしています。

 

構造計算を行うことにより、プランニングの自由度が広がり安全で楽しい空間が提案できます。

構造計算を行うメリット 

 

許容応力度計算

限界耐力計算

時刻応答解析

簡易壁量計算

 

少し心配な法律

我々の仕事は、建築基準法という法律を遵守することから始まります。

建物も同じことです。

無垢材は安全率が必要

構造計算を行う理由

 

ベニアや集成材を使った方が計算しやすいのは確か

 

安全率20%+基準法の1.25倍をスタンダードと考える

be connected

セルフビルド・リノベーション・民家延命応援チームです。

店舗貸したい借りたい情報もお待ちしています。 Diy-Kinowa