洗面所を考える 02

 

 

★洗面所には一日のどれくらい行くでしょうか。

 

家族みんながそれぞれ使う場所です。洗面、歯磨き、化粧、脱衣、手洗い、洗濯と意外に使用頻度は高い場所です。

 

改めて考えてみるとたくさんの機能が求められている場所であることも判りますが、果たして1.0坪の中で満たすことができるのでしょうか。収納はどうでしょうか、機能が求められる場所には必ず物があり、物を置く場所が必要になります。

 

場所として機能性を考えるのであれば求められる機能それぞれに適した収納も考えるべきです。

洗面所に求められる一般的な機能「脱衣」「洗面」「洗濯」に分けて収納を考えてみようと思います。

 

 

脱衣としての収納

脱衣としての収納


 洗面としても収納は必要です。こちらも小物がたくさんありますね。

特に女性が多い家庭では大変な数になります。化粧台として寝室や別の場所にスペースがある場合はまだよいのですが、洗面所ですべてまかなおうとすると小物の置き場所から、複数のドライアーの収納場所なども考えなければいけません。

 

当然歯磨きやコップなど必ず使うものをどこに置くのかも機能的に考えなければいけません。

 

このように洗面所は沢山の機能とたくさんの物であふれてしまいます。

それぞれを機能で分けて考え使いやすい収納をつくることが大切ですね。引きだしや扉が無くても使いやすい収納はできますのでじっくり考えて計画しましょう。

 

洗濯室としての収納

洗濯室としての収納

 

洗濯にまつわる小物類や洗剤の買い置きなど以外に洗濯機周りには細かいものがたくさんあります。

忙しい時間の中での家事をストレスなくこなすために小さくても洗濯専用収納を考えましょう。

 

思いっきりプライベートな場所なので、引き出しなど無くても棚板に籠でも十分だと思います。要は使いたいときに直感的に使える場所を心がけることです。

 

洗面としての収納

洗面としての収納

 

 洗面としても収納は必要です。こちらも小物がたくさんありますね。

特に女性が多い家庭では大変な数になります。化粧台として寝室や別の場所にスペースがある場合はまだよいのですが、洗面所ですべてまかなおうとすると小物の置き場所から、複数のドライアーの収納場所なども考えなければいけません。

 

当然歯磨きやコップなど必ず使うものをどこに置くのかも機能的に考えなければいけません。

 

このように洗面所は沢山の機能とたくさんの物であふれてしまいます。

それぞれを機能で分けて考え使いやすい収納をつくることが大切ですね。引きだしや扉が無くても使いやすい収納はできますのでじっくり考えて計画しましょう。

 

be connected

セルフビルド・リノベーション・民家延命応援チームです。

店舗貸したい借りたい情報もお待ちしています。 Diy-Kinowa