倉の屋根のつくりです。

仲間の工務店の現場見学会にお邪魔しました。

梁は米松という輸入材ですが手刻みなのが見て分かります。

束も込栓ですね。

 

木造に詳しい人じゃないと判らないお話ですが、注目は天井板(化粧野地板)が登り方向に貼られています。

上から(外から)張っているんです。

その上で断熱を入れ垂木を組みさらに野地の上に空間を取り、置き屋根としています。

倉の屋根のつくりです。

 

要は15cmほどの通気層があり屋根が2重になっているのです。

2階の輻射熱防止にはかなり有効

かなり手間はかかるので手間対効果が見合うのか難しいとは思いますが、他でやらないことをやるチャレンジャー、いいですね。

 

川越の三幸住宅


be connected

セルフビルド・リノベーション・民家延命応援チームです。

店舗貸したい借りたい情報もお待ちしています。 Diy-Kinowa