鉄筋はコーナー補強と重ね長さが大切なのです。

基礎鉄筋工事のポイント

コーナは補強筋を入れます。


基礎の交差部はX方向Y方向別々の力が加わるので、特に外周部ではその力が大きいため補強は欠かせません。


補強以外にも鉄筋の継手が来る場合は、定着長さと言い鉄筋同士を重ねる距離が決められています。

応力(地震力が)加わった時に鉄筋がコンクリートと一体となり耐えるようにです。

鉄筋同士の重ね(定着)が足りないとコンクリートは引張力に負けて割れてしまうことがあります。


鉄筋は規格寸法があり必ず重ね部分が出てきます。

万が一重ねが無かったり少ししかない場合は必ず補強しましょう。

コンクリートを打設してからではわからなくなります。


しかしながら写真のように鉄筋が込み合ってしまうのもコンクリートが入りにくくなるので必ずしもいいことではありません。


その辺がなかなか難しいところです。



be connected

セルフビルド・リノベーション・民家延命応援チームです。

店舗貸したい借りたい情報もお待ちしています。 Diy-Kinowa