不燃木材とは

先日の川島役場内装木質化の場面

腰板桧貼りの不燃処理木材使用

 

なんとなく白っぽく見えませんか?

不燃木材の典型的な白華現象が起きています。

 

白く粉を葺きます。

可燃物を不燃物に変えるわけですから、ほぼ物質を変えていると言えます。

丸鋸できると火花が散るぐらいです。

不燃のための樹脂を注入することで木材の持つ吸湿性能などはまったく無くなります。

ただ木目のやさしさなど風合いは残ります。

また、CO2の固定化は貢献できます。

問題は廃棄の時に不燃物なので処理が難しいことです。

不燃でなければならないところに木材を使う「力技」


be connected

セルフビルド・リノベーション・民家延命応援チームです。

店舗貸したい借りたい情報もお待ちしています。 Diy-Kinowa