川越市で子育て世代のシンプルな木の家 「リーフハウス」

優先順位を考えながらできるだけ自然素材を使います。

 

埼玉県川越市で土地から求める家づくり

 

土地から求めた30坪のシンプルな住まいです。

建築主のご夫婦ともども1級建築士、アーキクラフトとのコラボレーションです。

普通木の家にはモダンデザインは合わせにくいもの。とくにミッドセンチュリーは工業化デザインのため相容れない雰囲気があります。

 

そこはご夫婦のセンスで違和感なくまとまり、良い勉強になりました。

 

Leaf House

 奥様の命名で決まりました。

街に暮らしていても四季折々の季節感が感じれれるような家にしたいという想いです。

地域材と漆喰和紙の住まい、断熱材も木の繊維ウッドファイバ―を使いました。

deta

 

建設地 : 埼玉県 川越市 

 

木 材 : ときがわ木材 ときがわ町田中409 代表田中進   

 

構造  : 在来軸組み

 

外部仕上げ : 屋根/ガルバリウム通気工法) 壁/ユニプラルコテ仕上げ(通気工法)

 

内部仕上げ : 天井/土佐和紙&杉板 壁/土佐和紙&杉板

        床/杉板30mm

構造材   : ほぼ全て地域材にて調達(ときがわ町山林)

        柱/杉&桧 土台/桧 梁/杉&桧 4寸角

 

建物規模  : 敷地面積/109.86㎡ 延べ床面積/99.37/㎡

       

 

設計期間  :2013.5~2013.10

工事期間  :2013.12  ~ 2014.7 約9.0月(基礎着工からは約7か月)

 

長期優良住宅認定取得 耐震等級2 温熱等級4 維持管理 耐久性 可変性


皮むきをした春


冬です。

ときがわ町の山林です。

プライベートに伐採しました。

伐採してくれたのはときがわ町の彩の森とき川協同組合

 

この日はシンボル的に使う柱樹齢80年ぐらいの杉を伐採しました。

春です。

OBや友達みんながお手伝い

きれいに皮がむけました。

 

この木材はもう少し乾燥させてからリビングの柱で使います。


エクステリア

玄関 ホール リビング 子供部屋


住むということ

住むということ

 

 住むということは、街並み、人とのつながり、風景、それらを作り出していくということ

そのとき家は、住まう人の個性を少しだけ主張しながらも

街並みに溶け込む。まるで以前からそこにあったように。

そのぐらいがちょうどよい。

そう思うのです。

 

住まいのたたずまいは、住まう人の意志の現れです。

住まう人の意志が地域や環境、街並みへ働きかけることで社会が変わる。

もちろん良い方向に

すこしだけでも良い方向に変われる手伝いができればいいなと考えています。

 

 


洗面 キッチン トイレ

プレゼンイメージ


be connected

セルフビルド・リノベーション・民家延命応援チームです。

店舗貸したい借りたい情報もお待ちしています。 Diy-Kinowa