猫と暮らす住まい

川島町でリフォーム

無垢床リフォーム
無垢床リフォーム

川島の家 猫と暮らす自然素材の住まいです。

 

 設備の更新や模様替えであれば、設計事務所と話をするメリットはあまりないと思いますが、これからの暮らし方に関わる間取りの変更から、断熱、耐震に関わる複合的な改修では設計事務所が得意としているところですし、建て主様も期待を込めていらっしゃいました。

設備の更新以外の内装はシンプルに漆喰と杉和紙で、素材感を大切にした木の家です。

築年数28年

 私と同世代50代に入りました。生活環境が大きく替わる時期なのです。

新たにつくるか、改修するのか皆さん悩みます。この時に暮らしの変化についていけない家は壊されてしまいます。

 

 子供達の独立から両親の介護など、それぞれの家庭にそれぞれの事情があり、ただの設備更新では済まない暮らしの変化です。

 

 手を入れるのであれば、この先大きな改修が必要ないようにしなければいけません。

新築同様に考えることは沢山あるのです。

断熱改修&耐震補強&間取りの変更から設備の更新と、リフォームは短期間で濃密な時間です


猫と暮らす住まい

猫も家族です。

人にやさしい素材は動物にもやさしい。(とおもいます)

 

 来自由気ままに外出させる、出たい入ったり自分の都合で暮らしてほしいと思いますが、事故や病気を考えるとなかなか簡単ではありません。

特に都市部では近所との関係からも放し飼いは難しくなっています。

まして家族全員が昼間不在になるのではなおさらです。

 

 猫と暮らす住まいで考えなければいけないのが「行動の自由」少なくとも家の中は建具を閉めていても自由に移動できるようにしましょう。

できるだけストレスをためないことで壁や柱への爪とぎも減らせるようです。

 

 爪とぎという行為はネコ科の動物の習性で本来人とのかかわりで行うものではありませんが、猫は人の注意を惹くために、ドアを開けてほしい時に、トイレに行きたいときに様々な場面で柱などで爪とぎをします。

これはたまたま覚えることで、爪とぎをすると叱られる=注意を惹く=意見が通る。

こんな学習によるようです。

 

猫と暮らす住まいではキャットウォークなどもストレスをためない道具になりますがまずは行動の自由を確保してあげましょう。

 

 

 

 


玄関 ホール 廊下

洗面 トイレ 浴室 クローゼット


リビングダイニング ~ キッチン

洋室 和室 猫道


1月後のご訪問

Deta

建設地   : 埼玉県 川島町 中山

施 工   : (有)福弥建設 川越市 吉田134 tel:

木 材   : ときがわ木材 ときがわ町田中409 代表田中進  

構造    : 在来軸組み

外部仕上げ : 既存サイディング:洗浄再塗装及び一部張り替え

        軒天:塗装及び一部張り替え   屋根:瓦(既存のまま

        雨樋:撤去新設(塩ビ)

内部仕上げ : 壁/床/天井とも断熱改修/耐震改修

        壁/漆喰ローラー仕上げ&杉板    床/杉板30mm

構造材   : 一部梁、柱 補強(杉・桧)

住宅設備  :キッチン 洗面 TOTO   (改修新設)

       浴室 ユニット TOTO   (改修新設)

       トイレ   TOTO     (改修新設)

その他   :合併浄化槽          (補助金対応)

断熱材   :GW16k及びスタイロフォーム

建物規模  :延べ床面積131.66㎡の内約100㎡改修

工期    :設計打ち合わせ期間 約2か月  :工事期間 約2か月

費用総額  :工事費 約1100万円


ビフォー&アフター

 ビフォーアフターの比較は新しい方が綺麗で当たり前なので比較対象として表すのは古い状態にハンデがありすぎます。

 

 永い間使われて使い難い部分が出てきたり、住み方が暮らしに合わなくなってきただけで、決して間違っていたわけでは無いのだからお疲れさま、今までがあったからこうなれたのですよ。

と感謝の気持ちで眺めてみたい。

 

改修前玄関です。

 

 収納が足りなく物があるれそうでした。

また、南の玄関ですが正面を収納が塞ぎ風の抜けと共に閉塞感がありました。

改修後玄関です。

 玄関収納はトール型に作り付け、大きなものはクローゼットを別に設けました。

玄関正面は通路とし、ガラス入り建具と欄間で南からの光と風を奥まで導きます。

少し将来も念頭に、手摺やベンチなども設え今後改修しなくても済むように考えています。


キッチンの改修前です。

北向きのキッチンは明るいキチンでしたが、家電や食器棚の専用収納スペースが無く、物があふれていました。

 

リビングに改修する場所は茶の間的な和室でしたが、暮らし方に合わないのか有効的には使われていませんでした。

 

 

 

キッチン改修後です。

 

今回は対面とし、和室を改修し、リビングダイニングとして一体にしました。

キッチンの背面にはタイルのカウンターを設置し、家電収納置き場とサブ調理台、野菜スペース、ゴミ仮置きスペースを設けました。

 

対面タイプはキッチン自体はリビングから見えませんが、背面は視界に入るのでデザインには少し気を付けているところです。

 

誰かが毎日立つ場所です。少しでも楽しく立てればいいですね。


ねこです。

私が自由に家の中を歩けるようにしてください!

 

ドアの近くに 猫道

こんな感じの通路でいかがでしょう。

太らないでください!

オリジナルテーブル

 

プレゼントのテーブルの製作中です。

材料は杉、柔らかい杉なので傷は付きますがそれもまた暮らしの思い出です。


be connected

セルフビルド・リノベーション・民家延命応援チームです。

店舗貸したい借りたい情報もお待ちしています。 Diy-Kinowa